卓球の試合にて、カットマンVSカットマン

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 09:15

今回は頂いたメールです。


私は中学生時代、3年間卓球部でした。


卓球部と言っても、何せ全校生徒がたった36名の小さな中学校だったので、部員数は13名しかいませんでした。


ですが、私の学年の女子はみんな卓球部でした。


中学生最後の総体。


人数は少ないながらも、好成績を残そうと必死に練習に励んできました。


その日は個人戦の日。


2回戦までなんとか勝ち進み、3回戦目。


相手は強豪校の、私と同じカットマンでした。


しかも名前が一文字違い。


私が「和田」で、相手が「小田」。


なんとなく長引きそうな嫌な気がしてましたが、やるしかありません。


カットマンとは、球に回転をかけてじわじわと相手のミスを誘う手法で挑み、隙をみてスマッシュを打ったりしていくのです。


長いラリーに、なかなか相手も隙をみせてくれません。


暑い夏の体育館。


ユニフォームは黒地に派手なパッションピンクのラインが入っているのですが、黒地のはずが、塩を吹きすぎて白くザラザラになる始末でした。


1点いれては、1点いれられ…ダラダラと試合は続いていきました。


体育館内は、色々な学校の生徒たちで溢れ返っていて、応援の声も、誰がどこの学校の子かなど、気にしてられません。


ですが、スポーツはメンタル面の弱さがモロにプレーに反映されてしまうので、応援してもらえると、照れ臭さはあるものの、やっぱり心強いのです。


「○田先輩、頑張れ〜!。」


なんとなく、聞き覚えのある声が聞こえました。


私は思いきり笑顔で、そしてドヤ顔で振り返り、ガッツポーズをしました。


振り返って、びっくり。


私の応援ではなく、対戦相手の小田さんの為の声援でした…。


私はもう穴があったら入りたいし、もうとりあえず帰りたい!と、ダメダメモードにスイッチが切り替わってしまい、


その後、ミスを連発。


サーブもネットにひっかかったりとひどい状態で、あっけなく負けてしまったのでした。


その後、途中から試合を観に来た顧問の先生に、けちょんけちょんに怒られ、苦すぎる総体は幕を閉じたのでした。

 

 

平野美宇選手 アジア選手権優勝の快挙

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 12:28

先日、卓球のアジア選手権では奇跡が起こりましたねグッド

 

まだまだ先かと思っていた打倒中国たらーっ

 

 

17歳の平野美宇選手が奇跡の優勝とは!

 

本当に凄い拍手  おめでとうございます祝

 

 

そして、日本の卓球に関わっている人。

 

応援している人も おめでとうございます祝

 

 

 

世界ランク1位、2位、5位

 

の中国選手を倒しての優勝拍手

 

びっくり本当にビックリです。

 

 

 

中国も今まで以上に厳しく研究してくるので、

 

厳しい状況には変わりませんが、今後がとても楽しみです楽しい

 

 

 

海外からの反応はこんな感じですグッド

 

 

・トップ3に入る中国人選手たちを連続で勝ったのがすごい。誰もこうなるとは思ってもいないだろう。

 

・この女の子はすごいぞ。17歳で中国人選手に勝っているし、丁寧さえにも勝っているからね。とても素晴らしい試合だった。

 

・日本の新しいチャンピオン平野・・・素晴らしい試合だった・・・僕の新たなアイドルだ。

 

・日本の女の子、平野美宇が“万里の長城”を破壊した。

 

 

ダブルスの楽しみ方・チームワーク・団体戦について

  • 2017.03.23 Thursday
  • 15:09

今回も頂いたおたよりを紹介します。

私は中学・高校卓球部に所属していました。


当時、卓球部のイメージといえば、まじめ、地味なスポーツなど思われていました。


個人プレーが多いので1人で、戦うようなイメージもまたありました。

(実際に私が言われたことです) 


ただ勘違いしないでほしいことは、本気でやる卓球ほど楽しいものはないです。


一つ目はダブルス。


個人競技だと思われがちな卓球。


しかしダブルスは全く違います。


狭いコートなのでなおさら相手の動く方向を考えながらプレイする必要があります。


対戦相手の動きと相手の動きをみてプレイするということは難易度がたかいものですし、しかしそれができてこそとても楽しく試合することができます。


二つ目はチームとして、団体戦の楽しみ方。


どのスポーツでも団体戦ってあると思うんです。卓球もそれと同じです。


一言でいったらものすごいプレッシャーです笑


サーブをネットにひっかけることもありました。


チームのために一球一球大切に打ちます。


これだけ聞くと大変だと感じる方もいると思います。


しかし団体戦で勝った時の喜びは個人のときより倍増します。


そういったとき楽しかったな、またこのチームで戦いたいなと感じます。


私が卓球で楽しいと感じる時、それは本気でやってこそだと思ってます。

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

卓球ショップ

卓球ショップ グラシアス

ボールグッズ

ボールショップ グラシアス

サッカーショップ

アニマルズ横丁

フルーツグッズ

フルーツショップ グラシアス 

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM